健康アドバイスBlog | 流山市南流山で不妊治療、不妊症解消に特化した鍼灸院│美潤MIU
2017年02月17日

*妊活の為の食事療法 ~栄養学的食事療法・魚介類①~

こんにちは。院長の井上です。

今日は、暖かくいいお天気ですが風が強いですね。

午前中に少し外出したのですが、あまりの風に自転車を漕いでもなかなか前に進んでくれませんでした(泣)

 

さて、前回は、お魚の注意点についてお伝えしましたが、今回は魚介類のたんぱく質以外の栄養についてです。

魚介類は動物性のたんぱく質が豊富な上に、妊活に重要な亜鉛カルシウムDHA・EPAなどの良質な必須脂肪酸が豊富です。これらの栄養素についてお伝えします。

(DHA・EPAについては魚介類②でお伝えします)

 

まずは、亜鉛についてです。亜鉛には、女性ホルモンを促す作用があるといわれており、女性ホルモンには、卵胞を育てたり、排卵を促したり、内膜を厚くするなどの作用があります。

 

さらに亜鉛は、男性にも重要な栄養素で、精子の数を増やす効果運動率を上げる効果、遺伝子異常の割合を少なくする働き70ad4791ddc5ce3f0564d657eed6b10b_sなどがあります。女性ホルモンの数値に異常がある方や、精子に問題がある方は積極的に摂りたい栄養素になります。

 

亜鉛の含有量が多い魚介類の代表は牡蠣です。

 

旬の牡蠣は生でも美味しいのですが、妊娠中や授乳中はもちろん、妊活中は特に、ノロウイルスを代表とした、急性胃腸炎を避けたいので、加熱して食べることをお勧めします。

 

次に、カルシウムについてです。知っての通りカルシウムには、骨や歯を形成する重要な栄養素です。その他、ホルモンの分泌を調整する、鉄分の代謝をサポートする働きの他、筋肉の動きや神経伝達にも関わり、これらを正常に保つ役割があります。2291504c4ffdc4187980be7fec847fe5_s

 

さらに、精神の安定をはかり、イライラを軽減する効果もあります。妊活中は、高温期または月経が始まる度に精神不安定になりますので、カルシウムを充分に摂って精神安定を心がけましょう!カルシウムは、妊娠すれば赤ちゃんの骨を形成するため重要な栄養素です。妊活中から特に意識して摂取しましょう!

 

カルシウムの含有量が多い魚介類は、干しエビイワシの丸干し煮干し(カタクチイワシ)などです。

その他、乳製品や小松菜などもカルシウム含有量が豊富です。

 

次回は、魚介類②(DHA、EPAなどの必須脂肪酸)についてお伝えします。

 

※このブログでは、子宮や卵巣、ご主人の精子にも原因がないにも関わらず、1年以上赤ちゃんが授からない方に、妊娠しやすいカラダ作りの生活習慣を身に付けていただけるよう、古くから受け継がれている東洋医学の考え方や最新の不妊治療の考え方を、わかりやすくお伝えしていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年02月10日

*妊活の為の食事療法 ~栄養学的食事療法・お魚~

こんにちは。院長の井上です。

 

昨日は、関東でも雪が降る冷え込みでしたね。思ったより降っていたので驚きました。

今日も雪は降っていませんが、風邪も強く冷え込んでいるので体調を崩さないように注意しましょう。

 

さて、前回は、脂が少ないお肉についてお伝えしましたが、今回はお魚についてです。

妊活には、妊活していない人以上に、良質なたんぱく質を常に食べることが重要であることはお伝えしてきました。

 

中でも前回お伝えした、お肉(動物性のたんぱく質)は、植物性のたんぱく質に比べ、少量でも筋肉ホルモンの原料となるのでとても重要です。

 

でもお肉がどうしても好きではないという方もいると思います。好きじゃないものを継続して定期的に食べることは苦痛ですし、嫌々食べても栄養は身に付きません

1566f5f9aea6e83d911cb98db4358fcf_s

そういう方には魚介類をお勧めします。魚介類、中でもお魚は海の中を回遊しますので筋肉が豊富で、動物性のたんぱく質としてとても優れています。さらに魚介類には妊活に重要な亜鉛カルシウムDHA、EPAなどの良質な必須脂肪酸が豊富です。これらの栄養素については次回お伝えします。

 

ただ、妊活中の方にはお魚の種類や過剰摂取について知っておかなければいけないことがあるのでお伝えします。

良質なたんぱく質が豊富な大型の魚には、食物連鎖によって自然界に存在する水銀が取り込まれています。妊活中や妊娠中に、魚を極端にたくさん食べるなど偏った食べ方をすると、この水銀が取り込まれ、胎児に影響を与える可能性があることが懸念されています。

厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されました。

 

参照して下さい→http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/

 

もちろん、妊婦以外でも注意は必要ですが、食事と一緒に摂取された水銀は代謝され排出される為、平均的な食生活をしている限り健康への影響は心配ありません。

45ebbdf8a0296bd9e8f4b0102514d45c_s

しかし、胎児には母体から取り込まれた水銀を排出することができない為に、注意喚起されているのです。

しかし、魚すべてに注意が必要なわけではなく、食物連鎖の上位にいる大型の魚が主に挙げられています。スーパーやお魚屋さんでよく見かける魚として、鮭、キンキ、マカジキ、メカジキ、ミナミマグロ、クロムツ、キンメダイ、クロマグロ、メバチマグロなどです。

神経質になり過ぎるのはよくありませんが、心配な方は、切り身になっている魚でなく小型の魚あじ、さば、いわし、かつお、さんま、鯛、鱈など)を食べるようにして下さい。

 

次回は、魚介類のたんぱく質以外の栄養についてお伝えします。

 

※このブログでは、子宮や卵巣、ご主人の精子にも原因がないにも関わらず、1年以上赤ちゃんが授からない方に、妊娠しやすいカラダ作りの生活習慣を身に付けていただけるよう、古くから受け継がれている東洋医学の考え方や最新の不妊治療の考え方を、わかりやすくお伝えしていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年02月03日

*妊活の為の食事療法 ~栄養学的食事療法・脂が少ないお肉~

こんにちは。院長の井上です。

 

今日は、節分ですね。ここ数年で「恵方を向きながら恵方巻を食べる」という行事もすっかり定着したようですが、くれぐれものどに詰まらせたりしないよう気を付けてくださいね。

ちなみに、今年の恵方は「北北西やや北」だそうです。昔から、恵方の方向に向かって事を行えば「万事に吉」とされていますが、この恵方の決め方は「十干(じっかん)」によって決まっています。

十干は、私たち鍼灸師となじみの深い、陰陽五行説の「木・火・土・金・水」の五行と陰陽の「(え)・(と)」を対応させたものです。

その結果、今年は「丁酉(ひのととり)」なので十干は「(ひのと)=北北西やや北」となるそうです。

今はネットで自宅の住所を入力すると恵方が簡単にわかるようなので、ちょっと調べてみると面白いですね。

 

 

さて、前回は、納豆を摂るメリットと食べ方についてお伝えしましたが、今回はお肉についてです。

積極的に食べて欲しいたんぱく質、脂が少ないお肉(牛ヒレ肉・牛もも肉・豚ヒレ肉・豚もも肉・鶏ささみ肉など)の効果についてです。1f06ee301bd8d446a0624ab5968de8fb_s

これらは良質なタンパク質ですが、良質なタンパク質は、筋肉や臓器の構成成分として重要です。また様々なホルモンの原料にもなっています。

 

さらに、タンパク質は血の源です。貧血の方、冷え性の方、妊活の方には積極的に食べて欲しい食材です。

とくに赤身肉(牛ヒレ肉・牛もも肉・豚ヒレ肉・豚もも肉)には良質なタンパク質の他、鉄分・Lカルニチン(脂肪燃焼細胞)などが豊富に含まれ、さらに低カロリーです。

 

数多くのタンパク質の中でも、血の素には赤身肉1番有効と言われています。

冷え性の方や妊活中の方体内の血を増やす必要がありますので、積極的に食べて欲しい食材なのです。

牛ヒレ肉や牛もも肉には、亜鉛ビタミンB群なども多く含まれているので、基礎代謝を上げて冷え症を改善したり、貧血の改善に役立ちます。

 

豚ヒレ肉や豚もも肉には、牛肉よりも断然ビタミンB1を多く含む為、疲労回復の効果があります。71592b2f4cfb33af31ebd021eba81246_s

赤身肉が好きじゃない方は、鶏のささみ肉鶏の胸肉も筋肉や血の素になる良質なタンパク質です。お肉嫌いの方にも食べやすい食材だと思います。

ただし鶏の胸肉の皮は取り除き食べないこと!皮に付いている黄色い脂肪も取り除いて下さいね。

 

脂の乗った牛肉や豚肉(サーロインステーキ・カルビ・ロースなど)や鶏肉の皮(脂肪)は柔らかくて美味しいですが、脂身は血の素にはなりづらく、高カロリーです。

さらに脂身の多い肉は、消化に時間がかかり、体内を温めるエネルギーを消化の為に大量消耗してしまうので、冷え性や妊活中の方にはあまり向きません。

良質なタンパク質が血や筋肉の素になるには、ビタミン類ミネラル必須ですので、お肉だけで食べるのではなく、野菜やきのこ類、海藻類などと一緒に食べましょう。

 

お勧めの料理法は、根野菜やきのこ類と蒸し料理にしたり、茹でたお肉を生野菜や海藻とともにサラダにするなど油を使わずに調理したり、焼く場合でも少量のオリーブオイルでじっくり調理すると、胃に優しい料理になります。

 

そして、脂が少ないお肉は少し硬めなので、ゆっくりよく噛んで食べましょう!

 

次回は、「お魚」についてお伝えします。

 

※このブログでは、子宮や卵巣、ご主人の精子にも原因がないにも関わらず、1年以上赤ちゃんが授からない方に、妊娠しやすいカラダ作りの生活習慣を身に付けていただけるよう、古来から受け継がれている東洋医学の考え方や最新の不妊治療の考え方を、わかりやすくお伝えしていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年01月27日

*妊活の為の食事療法 ~栄養学的食事療法・納豆~

こんにちは。院長の井上です。

 

前回は、たんぱく質の重要性をお伝えしましたが、今回は具体的な食材をご紹介します。

 

積極的(できたら毎日)取り入れて欲しい食材を理由とともにご紹介していきます。


①納豆

②脂が少ないお肉(牛ヒレ肉・牛もも肉・豚ヒレ肉・豚もも肉・鶏ささみ肉など)
③お魚 

それぞれの食材をなぜ食べた方がよいのかの理由と、摂り方をお伝えします。

まずは、納豆について、

納豆は大豆を発酵させて作られている良質な植物性タンパク質であり、発酵食品です。納豆ご飯

発酵することにより、微生物の働きが加わり、大豆だけ食べるよりも栄養価が高まります。

納豆には、ナットウキナーゼ、ビタミンB郡、納豆レシチン、イソフラボン、大豆サポニン、カリウム、トリプトファンなど、たくさんの栄養がギッシリ詰っています。

 

これらの効果をひとつひとつあげたらキリがありませんので簡潔に効果を上げると、

 

1.腸の調子を整え便秘や下痢の改善

2.女性ホルモンのバランスを保つ

3.疲労回復

4.美肌効果

5.むくみ防止

6.うつ症状の改善

 

などなど・・・

 

どんな食材も食べ過ぎるのはよくありませんが、納豆は1日1パックか2パックまでなら、毎日食べてもメリットの方が高い食材と言われています。

効果的な食べ方ですが、納豆は、発酵が進むほど効果が高いといわれており、購入してすぐよりもしばらく冷蔵庫に寝かせ、賞味期限少し前に食べる方がよいとか・・・

 

さらに冷蔵庫から出してすぐの冷たいものより、常温の方が納豆菌が増殖し栄養価が高まるそうです。a94f677d0b30e947a6e63aab2cef7288_s

料理を作る前に冷蔵庫より出して、常温になったところでよ~くまぜまぜして食べましょう!

 

調理法は、ナットウキラーゼは加熱に弱いので加熱料理には向いていません。薬味やキムチ、ゴマなどを混ぜて食して下さい。

食べる時間ですが、朝食で摂るより夕食で摂る方が、より効果が高いと言われています。

なぜなら、寝ている間に納豆の栄養素が体内で発揮されるからです。

 

冷え性や体調不良の方はもちろん、妊活中の方は、ぜひぜひ毎日の夜の食卓に納豆をどうぞ!

 

次回は、お肉(牛ヒレ肉・牛もも肉・豚ヒレ肉・豚もも肉・鶏ささみ肉など)についてお伝えします。

 

※このブログでは、子宮や卵巣、ご主人の精子にも原因がないにも関わらず、1年以上赤ちゃんが授からない方に、妊娠しやすいカラダ作りの生活習慣を身に付けていただけるよう、古来から受け継がれている東洋医学の考え方や最新の不妊治療の考え方を、わかりやすくお伝えしていきます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年01月21日

*妊活の為の食事療法 ~栄養学的食事療法・たんぱく質②~

こんにちは。院長の井上です。

 

昨日は、大寒ということでしたが関東でも雪がちらつくほど寒かったですね。

空気も乾燥しているので、風邪やインフルエンザなどにかからないよう気を付けましょう!

 

ちなみに、知り合いの内科医から、「今年のインフルエンザは予防接種している人でも罹患していることが多い。どうやら、予防接種に含めた型と実際に流行している型が違うようだ」との話を聞きました。

まだまだ、これからも流行が見込まれるインフルエンザですので、予防接種したからといって油断せず、しっかり対策していきましょう!

 

 

さて、前回に引き続き、今回もたんぱく質の重要性についてお伝えします。

 

皆さんの中で、「お肉=太る」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

実際に過去にダイエットをした経験がある患者さん方にお話しを聞くと、食事制限でお肉を控えていた方がとても多かった印象です。2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

 

前回もお伝えしましたが、たんぱく質は、妊活に必要な栄養素だけでなく、健康で元気に生活する為にはとても重要な栄養素です。

たんぱく質が足りないと基礎代謝が低くなり、食事で摂取した炭水化物や脂質が消費されづらくなり、太りやすい体質になってしまいます。

食事制限のダイエットをすると、一時的に体重が減って、ダイエット成功!!!となりますが、実は体重が減ったのは筋肉量が減ったからであって脂肪はほとんど減っていないのです。逆に筋肉量が減ってしまった分、基礎代謝が低くなり、脂肪分は増えているかもしれません。

 

食事制限を止めて元の食事をすると、ダイエット前より太ってしまうリバンドが起きます。

前回の内容にもありましたが、たんぱく質が足りないとコレステロールが少なくなることで、月経が不順になり、さらには止まってしまうことになってしまうのです。

 

現在、赤ちゃんがなかなか授からずに悩んでいる方に、食事制限のダイエットをした経験があるかをお聞きすると、高い割合で「経験あり」との答えが返ってきます。もう昔のことと忘れている方が多いのですが、過去に1回でも食事制限でのたんぱく質不足状態が続いたダイエットを経験した方は、月経不順や排卵障害が何年も続きます。そしてそのことが不妊症の原因となっていることが多いのです。「今はたくさん食べているから大丈夫!」と思っても過去のたんぱく質不足状態で体内に起こった状況はさかのぼって変えることはできません。

妊活だけでなく、健康で元気に、生活する為に、たんぱく質不足には気を付けて下さい。80028b0ccef4cb47dd3a2dc55be696dd_s

 

その他たんぱく質には、以下の効果もあります。

免疫力を高める効果

貧血を予防する効果

脳血管障害を予防する効果

高血圧を予防する効果

丈夫な骨を作る

美肌効果

 

では、具体的にどんな食材を食べればよいか、ということですが、たんぱく質には動物性たんぱく質植物性たんぱく質があります。

肉や魚に含まれているのが動物性たんぱく質で、大豆(豆腐、みそ、納豆)などに含まれているのが植物性たんぱく質です。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質はどちらも他方にはない良さがありますので、バランスよく摂ることが重要です。

 

次回は、たんぱく質の具体的な食材をお伝えします。

 

※このブログでは、子宮や卵巣、ご主人の精子にも原因がないにも関わらず、1年以上赤ちゃんが授からない方に、妊娠しやすいカラダ作りの生活習慣を身に付けていただけるよう、古来から受け継がれている東洋医学の考え方や最新の不妊治療の考え方を、わかりやすくお伝えしていきます。

 

井上 美生香

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

心身ともにつらい不妊症、鍼灸院「美潤MIU」と一緒に治しませんか?

不妊治療に特化した鍼灸院「美潤MIU」は、流山市南流山にございます。今や不妊症に悩む女性 (カップル・夫婦) は6組に1組と言われている時代です。病院で治療を続けても、なかなか結果が出ないとお悩みの方は、諦めてしまう前に美潤MIUへご相談ください。
鍼灸による不妊症の治療効果は、各国の専門機関が行った研究結果として証明されつつあります。「生まれてくる子供のために、薬に頼らない不妊治療を選びたい」、「体調を整えて自然に妊娠したい」とお考えの方には美潤MIUの不妊治療がお勧めです。
本ページでは、鍼灸による不妊治療を得意としている流山市南流山の「美潤MIU」が実際に行った治療についてご案内しております。ご興味をお持ちの方や気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。