2015年12月24日

妊活と冷え体質改善の食事療法③

不妊治療について

その6 不妊の意外な原因とその対策

~栄養学的食事療法~

 

 

前回は、積極的に、できたら毎日食べて欲しい食材と、なるべく食べるのを避けて欲しい食材があるとお伝えしました。

今回は積極的に食べて欲しい食材【理由と食べ方】についてお伝えします。

 

①納豆

納豆は大豆を発酵させて作られている良質な植物性タンパク質であり、発酵食品です。

発酵することにより、微生物の働きが加わり、大豆だけ食べるよりも栄養価が高まります。

 

納豆には、ナットウキナーゼ、ビタミンB郡、納豆レシチン、イソフラボン、大豆サポニン、カリウム、トリプトファンなど、たくさんの栄養がギッシリ詰まってます。

これらの効果をひとつひとつあげたらキリがありませんので簡潔に効果を上げると、

 

   1.腸の調子を整え便秘や下痢の改善

 

   2.美肌効果

 

   3.疲労回復

 

   4.女性ホルモンのバランスを保つ

 

   5.むくみ防止

 

   6.うつ症状の改善

 

などなど・・・(興味がある方はお調べ下さい)

 

どんな食材も食べ過ぎるのはよくありませんが、納豆は1日1パックか2パックまでなら、毎日食べてもメリットの方が高い食材と言われています。

納豆2

 

効果的な食べ方ですが、納豆は、発酵が進むほど効果が高いといわれており、購入してすぐよりもしばらく冷蔵庫に寝かせ、賞味期限少し前に食べる方がよいとか・・・

さらに冷蔵庫から出してすぐの冷たいものより、常温の方が納豆菌が増殖し栄養価が高まるそうです。

料理を作る前に冷蔵庫より出して、常温になったところでよ~くまぜまぜして食べましょう!

 

調理法は、ナットウキラーゼは加熱に弱いので加熱料理には向いていません。薬味やキムチ、ゴマなどを混ぜて食して下さい。

 

食べる時間ですが、朝食で摂るより夕食で摂る方が、より効果が高いと言われています。

なぜなら、寝ている間に納豆の栄養素が体内で発揮されるからです。

 

冷え性や体調不良の方はもちろん、妊活中の方は、ぜひぜひ毎日の夜の食卓に納豆をどうぞ(^^)d

 

納豆ご飯

 

 

 

次回は、お肉やきのこ類についてお伝えします。

お楽しみに~ (^^)b

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階(旧シゲビル1号室)
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015年12月13日

妊活と冷え体質改善の食事療法②

不妊治療について

 

その5 不妊の意外な原因とその対策

~栄養学的食事療法~

 

 

前回は、東洋医学的な食事療法をお伝えしましたが、今回は様々な栄養学の観点から、冷え体質改善の為健康で元気な生活を送る為、そして妊活の為食事療法をお伝えします。

 

 

積極的(できたら毎日)取り入れて欲しい食材は、

 

①納豆

納豆2

 

 

②脂が少ないお肉(赤身のお肉や鶏肉)または魚

 

③きのこ類

 

④色の濃い野菜(特に人参)

 

⑤果物

 

⑥海藻類(ワカメやひじきなど)

 

⑦黒ゴマ

 

 

 

 

 

 

逆になるべく食べないよう意識して欲しい食材(最も避けて欲しい食材から順に載せています)は、

 

①トランス脂肪酸(マーガリンやショートニングが含まれたパンやスィーツ)

 

②カロリーゼロの飲み物、食べ物(人工甘味料が入った飲食物)

 

③自販機の甘い飲み物(コーラや缶コーヒー、炭酸ジュースなど)

 

④白砂糖で作られるスィーツ系などの甘いお菓子(和菓子も含む)

 

⑤塩分が濃い食べ物(酒の肴など)

 

⑥カフェインが多い飲み物(コーヒーや濃い緑茶)

 

⑦零度以下の冷たい飲食物(アイスクリームや氷入りの飲み物)

 

⑧コンビニやスーパーのお惣菜

 

bsNS602_burauni-

 

 

 

上記の食材を食べて欲しい食材の理由と摂り方避けて欲しい食材の理由については、次回以降にお伝えしていきます。

 

 

毎回長文なので、「理解するのが大変・・・」というご指摘がありましたので、今回より回数を分けてお伝えします。

たくさんの情報をお伝えしたいばかりに、盛りだくさんの内容になってしまい申し訳ありませんm(__)m

 

次回もお楽しみに~ (^^)/~

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階(旧シゲビル1号室)
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015年12月06日

妊活と冷え体質改善の食事療法①

不妊治療について

 

その4不妊の意外な原因とその対策

~東洋医学的食事療法~

 

 

前回までのお話しで、交感神経優位状態と冷え体質が不妊の主な原因で、交感神経優位状態の改善方法と冷え体質の改善方法のうち生活編をお伝えしました。

 

今回は、冷え体質の改善方法としての東洋医学的な食事療法をお伝えします。

 

 

東洋医学では、医食同源という言葉があります。

「食事は医療と同じ効果をもたらす」すなわち、食材や食事の摂り方によっては、にもなるし、にもなる。という意味です。

 

食事から、体のエネルギーや熱の素、さらに免疫力ホルモンなど生きる為に必要な素材が作られます。さらに妊娠に必要体内環境を作るのにもとても重要です。

 

現代日本は飽食の時代です。いつでも好きなだけ、食事ができます。

それ故に、日本人は食に対して無関心だったり、不規則だったりと、食事をないがしろにしがちです。

 

 

妊活の為、はもちろん、健康に生きるための正しい食生活をお伝えします。

 

 

食材には、体を温める食材と冷やす食材があります。

 

東洋医学の薬膳での考え方では、

主に、体を温める食事は、

 

寒い地方で採れる食材の料理

寒い季節に採れる食材の料理

*温かい料理

 

 

逆に、体を冷やす食事は、

 

暑い地方で採れる食材の料理

暑い季節に採れる食材の料理

*冷たい料理

 

 

具体例としては、人参や山芋、さつまいものような根菜や香辛料は体を温める食材、コーヒーやバナナなど南国の食材、トマトやきゅうりのような夏が旬の野菜は、体を冷やす食材です。

例外もいっぱいあります。

例えば、大根は根野菜なのに大根おろしやサラダで食べると冷やす食材になりますが、煮たり、炒めたりして温かい料理にすると、体を冷やさなくなります。

 

 食材

 

その他、食材の色が黒いもの赤いものは、温める作用があり、白いもの青や緑のもの冷やす作用があるとも言われていますが、例外もありますので一概に言い切れません。

 

詳しくは知りたい方は、美潤にお問い合わせ頂くか、ネットでお調べ下さい。

 

 

もちろん、冷え体質だからといって、体を温める食事だけを食べれば健康になれるという訳ではありません。

 

東洋医学的な食事療法は、五味、五色、を片寄らずに食べる、さらに季節に応じた地元の食材三食、同じ時間に定期的に食べることが健康になる食事療法としています。

 

 

ただ、食に対しての様々な研究が進む現代では、昔に確立した理論である東洋医学的な考え方の食事療法は、現代では通用しないこともいっぱいあります。

 

健康に、そして妊活の為の食事療法は、現在証明されている栄養学も参考にする必要があります。

 

bs150705210784

 

次回は、栄養学についてお伝えします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階(旧シゲビル1号室)
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015年12月01日

不妊症の冷え体質の改善には・・・

今回は、冷え体質改善のお話しです。

 

冷え体質とは、

 

体表が冷えて寒いと感じる

 

体表は冷えていなくてもお腹や下半身に冷えた感覚がある

 

平熱が36度以下

 

これらは複合的に現れることもあります。

 

 

まずは、なぜ冷え体質が不妊の原因になるかを説明します。

女性の性周期(月経周期)は、女性ホルモンが卵巣から分泌して血流に乗り、その情報が脳に伝達されて、脳(下垂体)より、卵子を育てたり、着床する為の内膜作りの為のホルモンが分泌されます。

 

しかし、冷えにより血流が悪いと女性ホルモンの分泌に悪影響が起きて、卵胞の育ちが悪くなり排卵障害が起きたり、子宮内が冷えていれば内膜が厚くならず、着床しにくくなります。

冷え体質は、それ以外にも、生理不順子宮内膜症子宮筋腫の原因にもなります。

 

 

冷え体質の原因と改善方法です。

 

前回の内容で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態、とくに交感神経優位な状態が長く続くと、体調悪化や不妊になりやすい、というお話しでしたが、交感神経優位な状態は冷え体質原因にもなります。

 

なぜかと言うと、交感神経優位な時は、全身の指令部である中枢(脳や脊髄)が活発になる為、頭や体幹に血流が集中します。

さらに、交感神経優位時は血管収縮するので、手足末端に流れる毛細血管には血液が流れにくくなり、手足末端から血流不足による冷えが生じます。

 

冷え体質で、交感神経優位な状態だと感じた場合は、~生活編①~の交感神経と副交感神経のバランスを取る方法をお試し下さい。

 

 

その他の冷え体質原因として、

 

①ストレス過剰

 

②運動不足

 

③睡眠不足

 

④呼吸が浅い・鼻呼吸していない方

 

⑤入浴しない(シャワーのみ)

 

⑥下着の締め付け

 

⑦寝ている時の厚着や靴下の重ね履き

 

⑧冷え性になる食生活

 

⑧については次回の~食事編~にてお伝えします。

 

 

1つずつ、改善方法をお伝えします。できることからお試し下さい。

 

①ストレス過剰と思ったら、交感神経と副交感神経のバランスを取る方法に加え、ストレス発散する為に、

大きな声で歌う:大きな声が無理でしたらお風呂の中で歌いましょう!

笑う:作り笑いでも効果はあります!声を出して笑ってみましょう!

アロマをたく:癒し効果のあるアロマは、ラベンダー柑橘系ですが、好きな香りでリフレッシュできます。

     デュフューザーがない方は、ティッシュにアロマを垂らし、そばに置くだけでも効果があります。

㊟:精油は直に触らない様に使用しましょう!

 

②運動不足の改善には、激しい運動よりも有酸素運動が効果的です。

生活の中にウォーキングやジョキングを取り入れましょう。

運動する時間がない方は、通勤や買い物時間を運動時間に変えましょう!

その際、ヒールは止めて歩きやすいスニーカーで歩きましょう!

*いつもよりも長めに歩く

 *いつもよりも速足で歩く

 *いつもよりも大股で歩く

 

ジョギング1

 

 

不眠ではなく、睡眠時間が足りない方は、休日だけでも7時間程度の睡眠を取りましょう!

疲れているからと言ってダラダラ寝てしまうのは避けて下さい。

日中は活動的に夜は早めに寝るよう、メリハリのある生活を心掛けて下さい。

夜中にダラダラして寝るのが遅くなってしまう方、妊活と冷え性改善の為、できるだけ12時頃には寝るように心掛けて下さい。

 

④呼吸が浅い方、自分では気が付かないかもしれませんが、1分間に80回以上呼吸している方は浅い呼吸となっています。

吸って吐いてを1回として50回~60回になるように、時計の秒針を見ながら練習してみて下さい。

口呼吸になっている方は、冷たい空気がダイレクトで肺に入ってしまい、全身の冷えに繋がります。鼻が詰まっている時は、必ずマスクを付けて外出して下さい。

 

⑤入浴せずにシャワーのみの方は、入浴するよう改善して下さい。入浴は体を温めるだけでなく癒し効果も抜群です。絶対に習慣化して欲しいセルフケアです。

 

ブラジャーは仕方ないとして、きついガードルコルセット冷え体質の大きな原因となっています。とくに寝ている間は、パジャマのゴムがきついことも冷えの原因になります。

できるだけ、昼間も夜間もリラックスできる服装を心掛けて下さい。

 

冷え体質だからと、厚着して寝ていたり、靴下の重ね履きは、逆に冷え体質原因となってしまいます。なぜなら体温調整ができなくなり、自ら温める機能低下してしまうからです。

寒い夜は、湯たんぽがお勧めです。電気毛布は皮膚が乾燥し痒みの原因となりますので注意して下さい。

 

 

 

 

妊活の為、冷え体質の改善の為、できることから少しずつ改善していきましょう!

 

bs150705210784

 

 

次回は、~食事編①~です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階(旧シゲビル1号室)
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015年11月28日

不妊の意外な原因とその対策

不妊治療について

 

その2 不妊の意外な原因とその対策

 

~生活編①~

 

注意!ここにあげる妊の原因と対策は、器質的な問題が原因でない方に有効です。

 

2年以上妊娠できないご夫婦は、子宮や卵巣、男性の精巣自体に問題があって妊娠できない可能性もあります。

まずご夫婦一緒に病院での検査を行って下さい。

もちろん、器質的な原因がある方も健康なカラダ作りの為には有効ですので、ぜひ実践して下さい。

 

 

その1で述べましたように、男女共に晩婚化とストレス社会の中、結婚して赤ちゃんが欲しいと思って妊活…2年経ってもなかなか授からない…というご夫婦が増えています。

 

でも単に晩婚化ストレス社会が原因なのでしょうか…

それだけが原因なら社会の仕組みから変えないと不妊に悩む方は減りません。

 

 

実は、もっと身近で意外なところにも原因がたくさん潜んでいるのです。

原因が分かれば対策もできます。

 

もし、自分に当てはまる不妊の原因があれば、できることから改善して、赤ちゃんが宿るカラダ作り習慣化していきましょう!

 

 

不妊の原因のキーワードは「交感神経優位」「冷え」です。

 

交感神経優位な状態とは、ストレスを感じた時だと思って下さい。

 

 

私はストレスなんてないって方もいらっしゃると思いますが、たとえば、やりがいを持って仕事をされてる方は、ストレスだと思っていなくても、時間に追われたり、よいアイディアを出すために考え抜いたり、仕事や人間関係でイライラしたり、残業したりなど、忙しくしている状況自体がストレスになっています。

 

 

 

専業主婦の方でも、時間に追われて家事をすることや、逆に時間を持て余し憂うつになること、人間関係で悩んだり、不安になることもストレスなのです。

 

 

 

仕事中はもちろん、生活の中にストレスは、無意識のうちに蔓延しているのです。

 

 歩行者イメージ

 

 

ではなぜ、交感神経優位な状態が体調不良不妊の原因かというと…

 

 

ほとんどの方は日中、戦う神経である交感神経優位になっています。

反面、夜から朝にかけては、リラックスの神経である副交感神経優位になります。

 

 

通勤も含めて仕事中は、ほとんど交感神経優位な状況になっていますが、仕事中に同僚や友人とおしゃべりしたり、2~3時間に15分ほど、休憩時間が取れて、ほっと一息入れられれば、リラックスモードとなり、副交感神経優位になります。

 

 

 

 

交感神経と副交感神経は、ほどよくバランスが取れていると体調が良くなります。

 

 

 

しかし、仕事に追われて休憩時間が取れなかったり、残業などで仕事時間が長引いたり、イライラしたり、ストレスを感じたりすれば、副交感神経が優位にならず、ずっと交感神経優位な状態が続いてしまいます。

 

 

さらに帰宅してからも買い物や食事の支度に終われたりすれば交感神経優位な状態ですし、PC作業やスマホを使うことも交感神経優位になります。

 

 

しかも就寝時間夜中の12時を過ぎている方がほとんどだと思います。

逆に12時前には眠れないって方もいらっしゃると思います。

就寝時間が遅ければ遅いほど、交感神経優位な状態となります。

 

 

ですから、現代人は1日のほとんどが交感神経優位な状態で生活していることになります。

 

とくに、不妊で悩んでいる方は、ストレス過剰な日々が多く、副交感神経がなかなか優位にならない生活を送っている方が多いと思います。

 

 

 

では、交感神経優位な状態はどういう症状となって現れるかというと、

 

①冷え性体質になる

冷え性という自覚がなくても平熱が35度台など、低体温になっていることも含まれる。

 

 

②不眠症になりやすい

不眠にならなくても熟睡感がない夢を多くみる夜中や朝方に起きてしまうなど、慢性的に睡眠時間が少ない

 

 

③精神が不安定

 イライラしやすい急に悲しくなる、マイナス思考になりやすい、誰にも会いたくない

 

 

④食欲にムラ

食事が美味しく感じない、食べるのが面倒甘いもの炭水化物(ご飯や麺)をたくさん食べたい

 

 

⑤やる気が起こらない

朝起きて憂うつ出掛けたくない、仕事や勉強に対する意欲がない

 

 

その他、めまい、動悸、頭痛、耳の閉塞感、便秘、など

 

上記の症状が出ている場合、知らず知らず、交感神経優位な状態がしばらく続いていたのではないかと思います。

 

 

 

対策として、交感神経副交感神経バランスほどよく取る方法ですが、

 

 

①深呼吸(腹式呼吸):鼻でゆっくり吸い、下腹部に空気を溜めるイメージです。

吐くときは鼻でも口でもOKです。5回を1セットとし、1時間に1回行いましょう。

 

 

②ストレッチテレビを観ながらでも構いません、柔軟体操ゆっくりとした運動毎日10分程度行いましょう。

ポイントは、①の深呼吸を組み合わせること。

 

 

③入浴:ぬるめのお風呂に20分程度浸かりましょう。

本を読んでも良いです。ポイントは焦らず気持ちをゆったりして入ること。

 

 

④夕食や入浴の後は、PCやスマホを見ない。

PCやスマホのブルーライトは様々な悪影響があると言われています。寝る前操作するの止めましょう

 

 

⑤イライラした時は、息を吐ききりましょう。

それから深呼吸をすると、イライラ感が治まります。

 

 

⑥睡眠に問題がある方

朝起きたら、朝日に向かい目をつぶり、深呼吸しながら3分間朝日を浴びましょう

 

 

⑦精神的に不安感がある方上記すべてを行って下さい。

 

 

 

いかがでしょうか?

現代社会は、交感神経優位状態が当たり前になっています。

気にすることで、多少なりとも交感神経と副交感神経はバランスが取れてきます。

 

 

健康の為、妊活の為、少しずつできることから、習慣化しましょう!

 

 

 bs150705280827

 

 

次回は、~生活編②~【冷え】についてです。

 

 

*掲載の写真はすべてイメージです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階(旧シゲビル1号室)
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

心身ともにつらい不妊症、鍼灸院「美潤MIU」と一緒に治しませんか?

不妊治療に特化した鍼灸院「美潤MIU」は、流山市南流山にございます。今や不妊症に悩む女性 (カップル・夫婦) は6組に1組と言われている時代です。病院で治療を続けても、なかなか結果が出ないとお悩みの方は、諦めてしまう前に美潤MIUへご相談ください。
鍼灸による不妊症の治療効果は、各国の専門機関が行った研究結果として証明されつつあります。「生まれてくる子供のために、薬に頼らない不妊治療を選びたい」、「体調を整えて自然に妊娠したい」とお考えの方には美潤MIUの不妊治療がお勧めです。
本ページでは、鍼灸による不妊治療を得意としている流山市南流山の「美潤MIU」が実際に行った治療についてご案内しております。ご興味をお持ちの方や気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。