【院長の想い~不妊で悩む方へのメッセージ~】 | 流山市南流山で不妊治療、不妊症解消に特化した鍼灸院│美潤MIU
2016年01月09日

【院長の想い~不妊で悩む方へのメッセージ~】

はり灸治療院 美潤MIUはお陰さまで本年10周年を迎えます。

 

10周年を迎えるにあたり、院長の想いを綴らせていただきます。

 

bs150705280827

 

 

【院長の想い~不妊で悩む方へのメッセージ

 

はり灸治療院 美潤には不妊症の方が多くご来院されます。

 

晩婚化やストレス環境などにより、子供が授かりにくい社会になってしまった昨今では、不妊症で悩む方は特別珍しいことではないかもしれません。

 

とはいえ、気軽に人に相談したりできるような内容ではなく、一人で悩んでいる方もまだまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

こういった、現代社会が抱える問題は、私が鍼灸師になったきっかけや、不妊治療に力を入れていこうと思ったきっかけとも無関係ではないのです・・・。

 

 

 

縁あって、不妊治療で美潤にいらした患者さまには”絶対に赤ちゃんを授かって欲しい!”という強い想いを持ち、日々治療させて頂いております。

 

ですから、患者さまからの「妊娠しました!」とのご報告は、私にとっては涙が出るくらい嬉しく、また、毎日の励みになっております。

 

 

 

 

なぜなら・・・

 

 

 

私も若い頃、赤ちゃんが授からず、つらい想いを経験しているから・・・

 

結婚前から月経不順で婦人科にて治療をしていましたが、ドクターより「あなたは若いうちに出産しないと子どもは授かりませんよ」と宣告されました。
子どもが大好きで、育て方や教育法をイメージトレーニングしていた私にとって、かなりショックな宣告でした。

 

OLをしていたその頃の私は、医学的な知識がまったくなかったので、どういう理由でそのような宣告をされたのかはわかりませんでしたが、
かなりの冷え性でひどい月経不順でもあったので、自然妊娠は難しい体質だったのだと思います。

 

ですから結婚してすぐに、その病院にて、検査を経て、すぐに不妊治療が始まりました。

 

今のように高度生殖医療が普及していなかった為、排卵誘発剤+タイミング法での不妊治療以外、選択の余地がありませんでしたが、何回目かのタイミング法で妊娠できました。

 

しかし喜びも束の間、流産の可能性があるとの事で3週間の入院。

 

やっと安定期に入り退院し、仕事復帰したものの出血し、また入院・・・
結局、切迫流産でした。

 

その時のショックは、今思い出すだけで涙が出そうになります。
2~3年間は、誰かに話す度に泣いていました。

 

その事だけが原因ではありませんが、その後、夫と離婚・・・
泣いてばかりいる私に嫌気が差したのだと思います。

 

それ以来、子どもだけでも欲しいと願っていましたが、機会に恵まれずに今に至ります。

 

私が鍼灸師を目指そうと思ったきっかけは、手に職を持ち、ひとりで生きて行こうと決心したから・・・

 

鍼灸師となり、目指すは”女性が健康で美しく生きる為の治療院”でしたが、不妊に悩む方が増えた事で、私のつらい過去が少しでも患者さまのお役に立てるなら・・・と、不妊治療に力を入れるようになりました。

 

不妊や不育症に悩んでいらっしゃる患者さま、流産などでつらい思いをしていらっしゃる患者さま・・・。

 

様々な想いがあり、縁あって美潤を選んでいただき治療にいらっしゃるすべての患者さま・・・。

 

私たちは患者さまお一人お一人に寄り添いながら【誠心誠意】治療させて頂きます。

 

スタッフ一同、心をひとつに”あなたの願い”を叶えるべく全力でサポートさせていただきます。

 

はり灸治療院 美潤  院長 井上 美生香

 

bsC854_akacyan

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
はり灸治療院 美潤
住所:千葉県流山市南流山4‐1‐4
KSビル1階(旧シゲビル1号室)
TEL:04-7199-3734
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆